花咲く

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

校外実習(冬剪定 その2)

昨日から、校外実習の剪定を行っています。
今日は朝から脚立を使って高い木に登りました。

午前中は、イチョウの木。
ビミョ~な幹の太さで、自分が枝に登るとその振動で揺れる怖さ。
どうか折れたりしないでね、と祈りながらなんとか終わらすことができました。


午後からは、二人で行った『スダジイ』常緑樹です。
春に剪定を行っているものの、バンバン成長する徒長枝を整理しつつ、葉の密集部分をすっきりさせるということで。
午後も登りました。
こんなふうにね♪
ss-20121120剪定1


この、写真で見る安全帯は、はたして役にたってるように使っているのか?
体重を支えられそうな枝に足をかけて、安定した作業場を確保しつつ、身体を伸ばして不要枝を切っていく。
あちこちを樹木にぶつけながら、緊張感で力が入って、身体は今日もピキピキです。
ss-20121120剪定2


午前の作業では、結構怖くて幹にしがみついてコアラのようだと言われてしまいましたが、ほら、遠目にみてもコアラ脱出して腕伸ばしてがんばってるでしょ~♪
ss-20121120剪定3

一緒に作業を行ったクラスのみなさん、今日も一日、おつかれさまでした~♪♪
  1. 2012/11/20(火) 18:44:41|
  2. 学校
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

延段(のべだん)・蹲(つくばい)・石灯篭(いしとうろう)

昨日と今日は、『石の据え方』のなかでタイトルにありますように、延段・蹲・石灯篭の施工を学びました。
班のメンバー5人で作りました♪


延段です。
鉄平石でも学んだのと同じように、目地を美しく整え、四つ目、八つ巻、通し目地を避けるなどを念頭に。
石の使う面でも雰囲気がまったく変わったりして、パズルの世界です。
奥深~い。
ss-延段


で、こちらは蹲と石灯篭。
蹲には、石の持つそれぞれの役割があってお茶の流派でも異なること、最近ではその役割よりも景観で作成されることなどを学びました。
灯篭にいたっては、石で構成されている部位はモルタルなどで固定されているわけではなくて、ただ乗っかってるだけ。それでも上手く作りあげると震度5程度までの地震には耐えられるそうです。
すごいですよね~
ちなみに、この施工は解体時にあっさり基礎(土に埋まっている部分)が抜けたので、とても大きな地震には耐えられなかったでしょう(苦笑)。
ss-蹲・灯篭2


柄杓が置いてある『手水鉢』と呼ばれる石の手前、周りの石に囲まれている部分を海といいます。
この、海に溜まった水が流れるように、石の表面のくぼみなどをみながら水平や傾きをとります。
これまた、奥深いです~。
ss-蹲・灯篭1

重たい石の授業も一通り、今日でおしまい。
今週も身体ががんばってくれました。
筋肉痛から、なかなか解放されない毎日ですが待ちに待った週末だもの。
しかも明日は雨模様。
ダラダラできることでしょう。嬉し~♪♪
  1. 2012/11/16(金) 20:58:21|
  2. 学校
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

校外実習(冬剪定 その1)

今週月曜日から昨日までの3日間、いよいよ始まった校外での剪定実習第一弾です!
三か所をめぐり、施設内の樹木の剪定を実際に行いながら学びます。
その、第一か所目に3日間行ってまいりました。

落葉樹や常緑樹、またその木が何のためにその場所に植えられているか、樹姿や樹勢など、一つとして同じものはないその木を自然の姿をそこなわないようにするにはどうしたらいいか、先ずは考えて。
また、夏と冬との剪定方法も違うことを考えて、管理されている具合で浅目なのか、中程度なのか、大きく切るのか、などなど一本の木に向き合っただけでも、頭パンパン。
風通りや、日当たりも良くして病害虫を防いであげて、ご機嫌に樹木が成長できるように上手くできるのが理想です。
そんな大きな理想なんですが、ボーボーに枝が伸びてる木を前にすると、一体どれが必要な枝でどれがいらないのか、まだまだまだ???。
何事も焦らず、だんだんに進めればいいですよね♪


剪定を行った後の写真です。
ほんとは、剪定前の状態と見比べるのがいいんだけれど、早くとっつかなくちゃならないので、剪定前の写真は撮れていません。残念~

『トウカエデ』です。
二人ペアで行いました。三脚を樹木の幹に固定して危なくないようにね。
それでも手の届かないところなんて、落ちないようにしながらプルプルだし。
ss-剪定20121114_1


『ネズミモチ』です。
これは、一人でやりました。葉のスキ加減が甘いかなぁ。
ss-剪定20121114_2


『キンモクセイ』。
三本並んでいる三兄弟を別々に一人ずつで行いました。
私が行った真ん中の、なんだかイビツな長方形になっちゃった(涙)。
時間切れで、修正もできずに可愛そうなキンモクセイ。。。。
難し~
それでも、来年もたくさんの花を咲かせていい香りふりまいてね~
ss-剪定20121114_3

この他に『カイズカイブキ』や竹など写真に残せなかったものもいくつかあります。
確かに、剪定した後の樹木のスッキリ、サッパリした美しい姿を見ると樹木がご機嫌になったようにも見えてきて、へたくそなりに、とっても嬉しいものです♪
  1. 2012/11/15(木) 18:29:14|
  2. 学校
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

はぁぁ~

修了試験が終わりました。
2時間かけて、やっとこさっとこできたのがこれです。
ss-結果1
結果は、あっさり『不合格』(大泣~)。
パッと見は、完成してるように見えるのに、、、、。


時間がなくて、シュロ縄結びを全部終えられなかった(泣、泣)。。
ss-結果2

なんとか大目にみてくれるかと甘い期待は届かず、四ツ目垣未完成につき不合格になってしまいました。
不合格だから卒業できない? いえいえ、そんなことはなく再試験ですと。
二度とやりたくないから、先週は自分の持てる体力をだしきってがんばったというのに、またやるの??
無理無理、もう練習したって無理~
心は折れ、くやしくてしょうがなかったんですが、よくよく聞けば石は完成していて合格しているので垣根のみを再度ということ。
重たい石とおさらばできたなら、きちんと垣根を作って終わらせないとかも、、と自分にハッパをかけて、今はまだ後ろ向きながら再チャレンジします。
がんばれ~、私。
再試験は27日!
  1. 2012/11/10(土) 22:28:05|
  2. 学校
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

修了試験に向けて

早いもので、外構と造園を学んでいる学校も残すところ1ケ月余りとなりました。
今週の金曜日は、学校の修了試験です。
課題の施工を行う実技と学科の両試験を行います。
今週の月曜日に発表された課題に向けて、時間内に終わらせるため、今週はにひたすら練習の毎日。
そうはいっても、3日と半日の練習時間ではとうてい施工完了できる内容ではなくて、今時点では完成させる姿が思い浮かべられない状況です(泣)。
ま、やるしかないので残りの時間精一杯取り組まなくちゃね~
そんなわけで、今週もハードにやっています!!

課題は、この縁石と飛石と四ツ目垣を課題図面どおりに2時間以内で施工するという内容。
ss-石
この、石たちもまた重い~~(大泣)。
手前の長方形の石と3つ並んだ石、とにかく重い~。
どうやって動かすか? 持てない私は、転がすしかないんです。
地面にだす5cm、3cmを見こして、土を掘り、ぐらつきがないように固めて、水平も見て。。。。。
竹垣の四ツ目垣にいたっては、5mほどの竹の切り出しから行わなくちゃ、、。
ん~、とにかく時間がないんだもの。
気持ちは焦るし、手の平も腕も肩も背中も筋肉痛バリバリだし、これが10日も続いたら倒れちゃいます。
あと二日、やれるだけがんばりま~す。


そんな中、今朝はこんなに奇麗なもの見つけました♪
ss-DSC_0024.jpg
クモの巣に水滴がいっぱい付いてて、なんとも神秘的~。


こんなに霧が深かったんですものね
ss-DSC_0023.jpg
  1. 2012/11/07(水) 19:12:17|
  2. 学校
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
前のページ 次のページ

プロフィール

ちゃびくっきー

Author:ちゃびくっきー
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
庭 (126)
ハンギング (146)
寄せ植え (99)
チューリップ (36)
水栽培 (8)
他 (191)
リース (14)
くっきーさん (56)
バラ (5)
学校 (32)
職場 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。