花咲く

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

松はカネ喰い?

いよいよ始まった、樹木の剪定実習です。

校内にある樹木でまずは基本から。
三脚の固定の仕方、ロープ結びの基本を習ってから一番最初にとりかかったのはイチョウの木です。
5、6mほどの高さのイチョウの木に三脚を固定し、その上の部分は幹に足をかけてやれ!って言われたって。。
不安定な足場に新品のよ~く切れる木ばさみと剪定ノコギリを腰に据えての作業はなかなかに怖いですよ~
安全帯はつけてても、こんな細い枝って折れない?の不安状態で、登ったはいいけど、どの枝切ればいいの??
ってな具合に、初の剪定は頭真っ白けでした。


その後は、松にとりかかりました。
ビフォーとアフターの写真を残しておけばよかった。
こちらは、剪定後です。
ss-松1
松は、密集している葉の古い葉を手でとっていきます。
指先の感覚が大事なので、素手もしくは親指、人差し指、中指の先だけを切った軍手をしてということで。
私は素手でやってみましたが、松葉のチクチクが肌にこたえるったら(泣)。
今度はマツヤニが指先にベッタリだし。
人の手作業なので、この木に5人で半日弱かかりました。


こっちの別な松は、4人で半日以上もかかって。
三脚が不要なほどの低木だったので甘く見ていました。
午前中に終わらせる予定が、昼になっても終わらないんです。
写真は、作業半ばの様子で右下部分に手が入っていません。
ss-松2


古葉を減らした後、近くからはこんな感じです。
ss-松3

いやはや、松を綺麗な状態で保っているのは本当に人手がかかっているのを実感しました。
先日訪れた、栗林公園や浜離宮の美しい松たち。
美しさを保つのにどれほどにお手入れされてるんでしょう。 
植木職人さんたちの大変さや充実感などなど、しみじみと感慨深く思いました。
何事も、自分でやってみると見方も変わりますね~
スポンサーサイト
  1. 2012/10/31(水) 21:05:40|
  2. 学校
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

ちゃびくっきー

Author:ちゃびくっきー
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
庭 (126)
ハンギング (146)
寄せ植え (99)
チューリップ (36)
水栽培 (8)
他 (191)
リース (14)
くっきーさん (56)
バラ (5)
学校 (32)
職場 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。